スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XIAソロコン参戦 ~新生児XIA様を魚眼でキャッチしてきたよpart2~











タイコンも無事に終わり シアペン様はドッと疲れが見え始めた頃でしょうか・・・






ジュンス


ヤバいね ジュンス

優しくて 一回り男の表情見せるようになってる TTTTTT






そんな中ですが・・・・





すみませんね 深海魚


未だ ソウルコン終えてませんがすみませんね



世の中 どこまで流れてるのか分りませんが 深海魚が書き終えるまで


どこまでツアーが進んでるか分かりませんが


次々に上げられていく動画やレポ片手に


まぁ読んでやっても良いか・・・ とお優しい方がいらっしゃるなら


どうぞお付き合いして頂けましたなら これ幸い


















_______________________________________















バラードの流れが終わり ダンサータイムが始まる


ヨジャダンサーマライヤが自分の出所を間違える

後ろに引き戻されたマライヤは 照れ隠しをする様に

「 shit!! 」 と言わんばかりにジェスチャーで自分の首を切り落としておりました


・・・・・・・


こんな情報いりませんか?


Be my girl が始まり やはり曖昧すぎて踊れない深海魚

いつも同じ思いをするが どうしても覚える事が出来ないこの疎外感・・・・


・・・・・・・


こんな情報いりませんか?

こんなことばかり書いているから なかなか先に進まない・・・



ダンサータイムが終わり・・・・


ここでまさかという演出が!!!!!









9 最後のダンス ( エリザベート )






ジュンス



重厚感のある背景が映し出され・・・

聴きなれた・・・ 恋い焦がれた・・・ 魂までも連れて行ってしまった・・・

あの・・・ あの曲が・・・・・・・・


う そ・・・ だろ・・・・


あまりの感動に言葉が出ない


恋い焦がれた TOD・・・


この時 会場はマックスの盛り上がりを見せる

この予想外の転回に ファンのボルテージが上がる

舞台の上からレザーに身を包んだジュンスが姿を現す


2か月前に逢ったTODとは少し違う

妖艶で美しすぎるTODとは何か違う

「 死 」 よりも人間味のある ナムジャでロックなTODが姿を見せる

真っ赤なパンツが姿を見せる 2日目にはカルバンクラインの文字さえもハッキリと

双眼鏡をフル活用し ジュンスの いや TODのつま先から頭の先まで舐めまくるように堪能する

胸元だけ開かれた皮ジャンから 照れ屋さんが顔を出す

チラチラチラチラ 覗いては顔隠し 覗いては顔隠し

照れ屋なあいつは 大観衆に少し驚いているのだろうか・・・

でも気になる・・・ 外の様子が気になる・・・

顔を出しては引っ込み 顔を出しては引っ込み・・・

照れ屋さんだなジュンス・・・ 照れ屋さんだなジュンスの乳首ちゃん・・・


しかし照れ屋さんの気持ちもお構いなく 本物ジュンスは全力をぶつける

ミュージカルの時よりも 荒げた声を出すジュンス

冷たく微笑む笑みも忘れない しかしどこか 「 死 」 よりも

生命力を感じるジュンスがそこにいる


ミュージカルの曲と忘れてしまう程 

会場は盛り上がりを見せ 赤いライトが波を打っていた


もう一度逢いたいと願っていたTOD

それが こんな形で再会を果たすなんて・・・

本当に感動の瞬間でした

全身鳥肌が立つほど感動した瞬間でした

こんなチープな言葉でしか表現できない自分に もどかしさすら感じるけれど

本当に 本当に最高の時間でした









10 僕こそミュージック ( モーツァルト )






ジュンス



そしてシアツアルトとの再会


ジュンスの様子がどんどんと豹変していく

曲が変わった瞬間 ジュンスはモーツの顔を見せる

役というものが自然と体に染み付いているんだろう

ジュンスは曲が始まると同時に その世界に入り込んだ


どれだけこの曲を大切にしていて この役に思い入れがあるかを感じる

と同時に

さほどミュージカルに興味がなかった深海魚が

こんなにも ジュンスの演じてきたミュージカルという舞台 舞台俳優に

心惹かれていた事に気がつく

ジュンスが大切に想っているくらい 深海魚にも大切な世界なんだという事

改めて感じた時間だった


そして この曲で・・・・・




深海魚は 



初めてジュンスの視界へ入り込む事を経験する





1日目


舞台構成が分からず油断していた・・・

まさかこの曲でサイドステージ端に来てくれるなんて誰が予想できたであろうか・・・


ゆっくりと・・・ ゆっくりと歩み寄ってくるジュンス・・・


・・・・・・


え・・・? あ れ? ・・・・こっちに くる・・・?


いつ立ち止まるか・・・ いつ振り返って戻ってしまうか・・・・

半信半疑にドキドキと胸が高鳴る 少しずつ近づいてくるジュンス・・・・

心臓を産み落としそうな緊張感が走る



( ど・・・ どうしよう・・・・ どうしよう・・・・ )



ジュンスが歩く方向にバタバタと人が押し寄せてくる

あぁ・・・ ジュンスから目を離す事ができない深海魚

ぼーっとしてる間に

人波に押されるままに気がつけば サイドステージから5列目程に位置していた



( どうしよう・・・ どうしよう・・・ ジュンスが・・・ ジュンスが近づいてくる )



優しい瞳をファンに向けながら 一人一人に視線を移していく



( どうしよう・・・ どうしよう・・・ どうしよう・・・ 怖いっっ!!!! )



どうしよう!! どうしよう!!! どうしたらいいっっっ!!!!!


深海魚





頭 真っ白っっ!!! 


すいません・・・ ほんとすいません

深海魚 頭真っ白・・・・・

こんなに大きなジュンス・・・ 初めてだったんです・・・・

初めてだったんです・・・・・ TTTTTT

いつも大口叩いてる深海魚 ほんとはケツの穴の小さな 魚のケツの穴程の心臓の持ち主です

ジュンスがジュンスサイズで歩いてくるなんて・・・ 夢のまた夢と思ってた・・・



5人で活動している頃から数えて もう何度目だろうか・・・

ジュンスに逢いに行くこと何公演目だろうか・・・ 

逢いたくて 逢いたくて どんなに小さくても良いからジュンスの姿を焼き付けたい

同じ空気を吸っていたい 同じ空の下で分かち合いたい

そう思い 逢いに行った・・・・

初めてジュンスを見たあの日 怪我からの復帰1日目のステージを一緒に祝う事が出来た

初めて一人でビクビクしながらも東京に向かった

初めて韓国へ一人で逢いに行った 

もしかしたら当日券があるかも と願いを込めて会場まで走ったこともある

沢山の想いが駆け巡る



そして今 目の前に 等身大のジュンス



ペンライトを振る事も忘れ 

一心不乱にジュンスの全てを吸収しようと見つめ続けることしかできない



( どうしよう・・・ どうしよう・・・ )



ジュンスが2階席からこちらに向かって視線を移し始める





( ・・・・・・・・・・・・・・・・・ )











今 深海魚 ジュンスの視界の中にいます 



動じる事もできず・・・ 手を振る事もできず・・・ 声を出す事なんてできるはずがない

ジュンスが優しく なんだか母の様に 父の様に 恋人の様に 優しい優しい眼差しを送ってくる



( 目が合っている・・・・ )



周りの誰もが感じたであろう感覚なのは分かっている

一瞬でも いや・・・ もっと長い時間に感じるほどジュンスの中に自分がいる・・・

初めての感覚

あまりに真っ直ぐな瞳で見つめてくれるジュンス

一人一人の顔を確認するように その度に うんうんと言いたい事が伝わるのか

優しく頷きながら歌うジュンス

あまりに真っ直ぐで あまりに奇麗な瞳に・・・

深海魚 思わず恥ずかしさに目が泳ぎまくり・・・

直視したい気持ちと まさかの展開に動揺しすぎた目と身体が思わぬ行動を・・・

あまりにもこっちを見ながら歌うジュンスに 照れてしまい・・・・


目 泳ぎまくりっっっ(爆))))))


右左ジュンス 右左ジュンス 魚眼が小刻みに震えているのが分かる!!!

あぁ・・ 気持ち悪い・・ あぁぁぁ・・・気持ち悪かろうよ・・・ 

さぞかし気持ちが悪かろうよ そんな深海魚からジュンスも目が離せなかったのだろうか・・・

今更ながらに 泣きたい程自分のバカさを呪う・・・・



しかし 一瞬でもジュンスの視界に入れたこと

逢いたくても逢えない多くのファンがいる中 そんな経験ができたこと

ジュンスにとっては数多くのファンの一人にすぎないけれど

それでも深海魚には かけがえのないたった一人しかいないジュンス

そんなジュンスの瞳に一瞬でも居座る事ができたこと

ほんとに本当に幸せな時間だった

一生忘れる事のできない 大切な時間となりました


・・・・ そんな事を言っている私 深海魚




本当は 頭 真っ白・・・ (爆)


大した記憶が御座いません






そんな深海魚 

1日目の教訓を経て 次の日どれほどの意気込みでこの曲を迎えたとお思いでしょうか






2日目


僕こそミュージック の音楽が流れ始める


と同時に 即座に立ち位置へ移動

その速さたるやマッハ級 

きっと深海魚が移動した姿を捕らえた者は誰一人いない事でしょう・・・

気がつけばナイス立ち位置に瞬間移動する魚 

それはまるで 止まることを知らないマグロのよう・・・

速い時には160kmもの速さで泳ぐ魚 マグロ


( え? こんな情報いりませんか? )


泳ぐ事を止めると沈んでしまう魚 マグロ


( え? いらないって? )


所定地に着き ヒレを動かしながら待機する



一度した失敗は繰り返さない

学ぶ事を知っている深海魚は この日2列目をゲットする

そして・・・

どんどん・・・ どんどん・・・

近づいてくる ジュンス・・・・・



あぁ・・・ あぁああぁぁぁぁ・・・・・・









2度目の 頭 真っ白・・・・ 



・・・・・・・・

・・・・・・


しかし そんな深海魚の目を覚ましたのが 今 まさに目の前にいるジュンスの姿でした・・・


1日目に比べ・・・ なんとも・・・ なんとも・・・・・・・

胸のはだけたジュンスの姿

フリフリのブラウスに身を包んだ胸回りが なんとも露わに開ききってる

セクシー・・・ いや エロティック・・・ いや

その肌は・・・・ 男の肌

ふっくらと2つに割れた胸筋 真ん中には1本の筋が走っている

目の前に・・・ 手が届きそうなジュンス・・・

その距離3m程でしょうか・・・・



本気を出せば深海魚 1列目のファンの頭を借りて クレーンカメラの足に飛び乗り

ジュンスめがけてビヨーーンビヨーーーンと抱きかかえられる事などお手の物

しかしジュンス・・・

ぽかーーんと口が塞がらない程 奇麗な胸を曝け出す

鎖骨があったかも確認することを忘れるほどのジュンス

リアルジュンスのリアルな胸元・・・



そして そこから上にはいつも見ている いつも見慣れている

そのままのジュンスがいました

等身大 何も変わらない 写真や映像で見ているジュンス

そのまんまのジュンスがいました

驚いたのは 肌の白さ

顔から首 胸に続く肌は 思っていたよりもずっと白く

透き透るような肌をしていました

すごく白い・・・ 声を発する度に動く喉元の肌も 

優しく見つめる瞳 キレイで切ない声を出す口元 全てを包むジュンスの肌


そんなジュンスを一つも見逃したくない

こんなに近くで逢える事は もう一生ないだろう

鎖骨確認を既に見逃している事にも気付かずに凝視する深海魚

動くジュンスが目の前にいる

そしてまた・・・ この時がやってくる・・・


ジュンスの瞳に入り込む ジュンスタイム!!!



絶対に目を逸らさない!! 絶対に!! 絶対にっっ!!!!

ジュンスと目が合う数秒間・・・・



天国へと召されました・・・・

シアわせで・・・・ まるで自分の為だけに歌ってくれている錯覚に・・・





私とジュンスだけの空間・・・

見つめ合い・・・ 視線を絡ませる二人・・・ それは秘め事のようで

言葉を交わすよりもずっと胸をときめかせる そんな瞬間


「 今日 これが終わったら家で待ってるよ 一緒に成功のお祝いしよう・・・

ううん 再会のお祝いしよう いっぱいいっぱい幸せにしてあげるから 」


そんな言葉が瞳から読み取れる・・・・


あぁぁ・・・・ あぁぁああぁぁぁ・・・ シアわせ・・・ シアわせすぎて

死んでもいいぃぃぃぃ・・・・・・・・


いや 死んだら家にいけない・・・ 死んではいけない・・・

死んじゃいけない 戻ってこい・・・ 戻ってこいっっ!!!!



そう 三途の川から深海魚を呼び戻したのはあの子だった・・・

引っ込み思案で なかなか顔を出す事のない そうあの子・・・





ジュンスの照れ屋さんっっ!!!!!


深海魚の前で 届きそうな距離でご挨拶をしている

これはなんとも危険な行為だ

しかし ジュンスの照れ屋さん

昨日で味をしめたのか その姿は堂々たるもの

どうやら緊張はしていない様子 とても落ち着いてそこに居座っている

ピンクすぎず 黒すぎず 程良い色を成している

立ちすぎず 出しゃばりすぎず 当たり前のような顔でそこに居座っている

大きすぎず 少し小ぶりで キュートさも感じる


逢いたくて 逢いたくて 逢いたすぎたジュンスの照れ屋さん

意外にもサービス精神旺盛 いや 好奇心旺盛なのだろう

大舞台にひょっこり顔を出しました

深海魚 ジュンスの照れ屋さんとガチで目が合いました


上を見れば ジュンスの瞳・・・・

下を見れば 照れ屋の瞳・・・・


4つの瞳にノックアウト


あぁ・・・ こんなシアわせがあっても良いのでしょうか・・・・

あぁ 深海魚 


死んでもいい・・・・ 死んでもいい・・・・

すっかりヒレを動かす事を忘れたマグロとなっておりました









11 なぜ愛せないの ( モーツァルト )






ジュンス



シアツアルトの世界が広がる

切なく 悲しい そんな歌声が響き渡る

コンサートという場から 歓声や叫び声が消え 静寂した神聖な場に入れ替わる

あまりに悲しい表情を見せるジュンスに 周りからジュンスゥと悲しい声が聞こえる

ファンはみんな そんなジュンスに魅入り

溜息が出るほどのステージに眼と耳を傾ける

両手を胸に当て その手を天にかざし そこにいない者へと届けようとする姿

膝をつき 愛を求める姿に 胸が張り裂けそうになる

最後に 両手を差し出すシアツアルトの姿に

思わず ブラボーーーーー!!!! と叫びそうになるほど素敵なジュンスがいました


本当に素晴らしい作品に出会えた事に感謝します

こんなに素敵なジュンスに出逢わせてくれた事に感謝します


この3曲


ジュンスのミュージカルを思う存分楽しめる 素敵な時間でした















______________________________________













少し休憩しましょうか















☆ まさかの3曲紹介で終わるとは!!!
深海魚もビックリです・・・・
ほんとは後編で終わるはずだったんですけど(汗)))
感想文って体力使いますね・・・・
読む方も疲れるでしょう・・・
申し訳ございませんが
今度こそ後編
疲れ知らずのお方がいらっしゃいましたら
お付き合いして下さいましたら これ幸い
ダラダラと長くてすいません====><


スポンサーサイト

テーマ : ★☆★東方神起☆★☆
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

最高♡

深海魚さま 素晴らしいレポ有難う
是非 長編小説にしてくださいな

No title

はじめまして^^
突然お邪魔させていただきすいません。
名前のとおりチャミペンですが・・・・・
あまりの感動にコメントさせていただきました。。
ソロコンの画像とCDのサジンしか見てないのですが
まるで深海魚さんの眼が自分の眼のようで
なんだか感動で泣きそうでしたwww
さすが愛する最強様が信仰するジュンス^^
その新たな顔にドキドキさせられっぱなしですね~
本当にすばらしいレポありがとうございます^^

うわーん。°(°´Д`°)°。

深海魚先輩☆
第二弾ありがとうございます\(^o^)/
待ってましたヽ(;▽;)ノ
そして、読んでて私…
感動しすぎてまさかの号泣。°(°´Д`°)°。
ジュンスがステキすぎて
深海魚先輩の感動が伝わってきて
深海魚先輩のシアワセわけてもらって
私もシアワセです♡
ステージでのジュンスはほんとにほんとに最高ですねヽ(;▽;)ノ

No title

深海魚様・・・。よかったですね・・・!!
記事読みながら泣けました。
この一瞬の幸せがあるから・ぺんやっててよかったって思えますよね。
そんな幸せのおすそわけありがとうございました。
引き続きの魚眼レポおまちしてます~。

yyuminさん

コメありがとうございます☆

本当に本当に幸せな時間でした
そして この人を好きで本当に良かったと改めて感じる時間でした

少しでも深海魚の見てきたジュンスを
会場の雰囲気を感じて頂けたら嬉しい限りです
どうですかね・・・深海魚の心情だけは伝わってますかね?WWWW

深海魚のジュンスソロコンは3章を持って終わり迎えてしまいましたが
これからもゆる~くですが
そんなジュンスや彼らと楽しく過ごして行きたいと思っております
どうぞまた遊びに来てくださったら嬉しいです☆
ありがとうございました~!!

えこぷーさん


こちらこそいつも幸せ分けてもらってます!!
こういうとき
この部屋を続けていて本当に良かったなって瞬間です
いつも本当にありがとうございます☆

しむさん

はじめまして深海魚と申します☆
この度はコメありがとうございました
このブログにチャミペンさんが訪れたのはいつぶりだろう・・・・TTTTT
すっごく嬉しいですTTTTTT
しかも・・・しかも感想文に目を通して下さるなんて・・・・
あぁ 感無量・・・ 感極まる・・・・ ←え 言いすぎ?

少しでもジュンスの姿が伝われば嬉しいのですが・・・
伝わったのは深海魚の心情だけというオチですが・・・
最強様のジュンスはとっても素敵な姿を見せてくださいました
チャンミンの新たな顔を見るのも楽しみにしております

ありがとうございました☆

kekoさん

深海魚のジュンス感想文 Part3にて完結・・・
長編小説・・・・
きっと誰も寄り付かなくなるでしょうこのブログ(爆)WWW

読んで頂き本当にありがとうございました!!!(*^_^*)
プロフィール

深海魚

Author:深海魚
東方神起にドップリ浸かっています 
みんな 大好き!!  
(特に ジュンスペン☆)
最近の話題についていく事ができているのか・・・?
そんな深海魚の独り言




☆当ブログで使用している
動画・画像は 個人で楽しむものであり
全ての著作権は著作権元に帰属します
動画・画像の出所は全て画像の中☆

World-Word-JS版翻訳
Present's by サンエタ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
深海魚の独り言
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
深海魚メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。