スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の香り









いやぁ 寒いです



窓の外はごうごうと風が唸り雪が舞っております北海道


そんな極寒の3月の深海からお届けしております 東方神起に溺れてます




皆さまのところは如何でしょうか?


こちらはまだまだ雪解けには程遠く まだまだ雪掻きと闘う毎日が続いておりますが


春一番も吹いた というお話も耳にし 


暖かくなって 春を実感し始めている方も多いのでしょうか





そんな中 


まだまだ寒い冬をお過ごしの皆さんには 少しのほっこりした時間を感じて頂ければと


暖かくなってきた春をお感じの皆さんには 残り少ない冬の香りを楽しんで頂ければと


懐かしいお話を引っ張り出してまいりました




昔書いた物語ですが 冬が来るたび思い出す


そんな物語になってくれたら 深海魚 ちょっとばかりほっこりしちゃうな 


そんな気分でお届けです





かなり古いお話となっております


( 萌もエロもない ただただ普通の物語ですが・・・ )


もう忘れてしまっている方 ご興味のある方 暇つぶしな方


前記事から読んで頂ければと思います




Have a nice day!~三度目の正直・・・ステキな一日の〆に読めばイイさ!! ← 1話目

そして一年 またあの海へ ← 2話目




それでは 彼らのその後はどうなったでしょうね・・・・・



































「 ねぇ・・・・ ねぇってば・・・・


ねぇ ねぇねぇ! ねぇねぇ ねぇねぇ!!!
 」










・・・・・・










「 いつまでここにいるの!? いつまでこうしてる気っ!?

もう 僕お腹空いてきちゃったよぉ 

寒いからトイレにも行きたくなってきちゃったし・・・
 」




太ももをモジモジと擦りよせ 我慢の限界をアピールする









・・・・・・








チラッと2人の顔を盗み見したかと思うと・・・ 一瞬にして眉を吊り上げる






「 もぅ!! 聞いてんのっ!!! なんで2人して無視するのさ!!

ねぇねぇ!! ねぇってば!!!
  」










「 うっるさい!! 」




ユチョンの一撃にビックリして飛び上がるジュンス



そして 口をあんぐりと開け言葉を失った・・・


かと思うと その表情はみるみると変化し


いまでは これ以上突き出すことが出来ないほど口を尖らせムくれた顔をしている









「 だって・・・ だって もう何時間こうしてると思ってんのさ!!

お昼もとうに過ぎちゃってるし
 ( グゥゥ~ ) ほら!! お腹の虫も鳴きっぱなしだよ!!

もう 一旦あったかいところに避難しようよ

寒くてたまんないよぉ トイレ行きたいよぉ お腹すいたよぉ もう・・・


限界だよぉぉぉ!!!!
 」







「 ・・・ だからお前を連れてくるんじゃなかった 」



ぼそりとユチョンが呟く







「 なんで!? なんでそうゆう事言うのっ!! 僕たちいつも一緒じゃん!!

僕だって・・・ 僕だって 彼女に会いたい もんっ!!
 」







「 わーかったから 

とにかくお前は何か腹に入れてこい ( うるさくてかなわん )

オレ達 もうちょっとここにいるから ついでにあったかいもん買ってきてよ
 」




ユチョンはちらりとジェジュンの様子を伺う


ほとほと困った顔を見せるユチョンの顔に ジェジュンはクスリと笑い







「 そうだジュンス 

さっき駅の隣に小さな売店があったよ

おでんと・・・ トッポギもあった気がするな
 」







「 え!! ほんと!? 」




ジュンスは キラキラと目を輝かせた


ジェジュンは うんうんと頷いてみせる


その隣でユチョンは ナイス! と言いたげにジェジュンの脇腹を小突いた








「 僕 行ってくる!!

ジェジュンの分も買ってくるね! ユチョンの分は・・・
 」




フフンと少し意地悪そうに



「 ・・・しょうがないから買ってきてやるよ 」



そう言って 勝ち誇った顔をしてみせた




















ジュンスツイ(海)




ジュンスがいなくなった海は とても静かで穏やかな波の音を立てている


2人は防波堤に腰を並べ 特に話す事もなく その打ち寄せては帰る波を見続けた














「 ねぇ・・・ なんで今日? 」










「 うーん・・・ なんと なく? 」



ジェジュンは少し考えたが やはり返す言葉はそれしか見つからなかった











「 やっぱまだ早かったんじゃない? 」









「 ・・・うん 約束とは違うけど 無性にここに来たくなった 」











ザザン ザザーン  


波の音が心地いい







ザザン ザザーン









「 ・・・・ もう 1年かぁ 」






















________________________________________
























「 う~ おしっこしたいー お腹もへったよー



あっ!! 売店発見!!! 」



一目散に駆けだしたジュンス













ドンッ










「 あ!! ごめんなさい!!! 」












「 いえ こっちこそボーっとしてて・・・ 」












ぶつかった拍子に何かがヒラヒラとジュンスの足もとに落ちた








写真


「 これ 君の? 」



それを拾い上げ彼女に差し出す








「 あ! ありがとうございます  とっても大切なもので 」







「 この写真・・・ ここの海だよね 」







「 はい たぶんそうだと思うんですけど・・・ 自信なくって 」



彼女は困った表情をみせた








「 ううん 絶対ここだよ!! 僕あっちから来たんだ

ここを真っ直ぐ行けば その写真と同じ景色があったよ!!  


友達と来てるんだけど・・・・・




あぁぁ!! 限界っっ!!!!

ごめんなさい 僕・・・ もう・・・ ト・ イ・・レ・・ 









彼女は少し驚いて そして クスクス笑いだした





「 ごめんなさい 引き止めちゃって どうぞ行ってください 」








「 ううん ごめんね じゃぁ 」




ジュンスはまたしても一目散に走り出した













売店のドアに手をかけた時


なんとなく・・・



もう一度振り返ってみたけど 彼女の姿はどこにも見当たらなかった










「 おばちゃーん トイレ借りるねー 後 おでん3人分用意しといてー 」


















____________________________________________






















「 ジュンス 無事に着いたかな? 」




「 途中で漏らしてたりしてな 」



ゲラゲラと2人は笑い転げた




一通りジュンスを話題に盛り上がった後 


笑い疲れた2人は ふ~っと息をつき防波堤のコンクリートを背に寝転んだ












目の前に広がる白みががった空






ジェジュンは その空を掴もうとそっと手を伸ばす












・・・・・?










手のひらに微かな感触









白い結晶が落ちては直ぐに消えてゆく















「 雪だ 」














今年初めての雪が 彼らの上に舞い降りた































☆ 今年は本当に雪が多いですね
もう3月だというのに・・・・
今更ながら初雪の物語
もう雪はたくさんだ!!!って気持ちでいっぱいですが(爆)
こんな時期ですが少しでもほっこりしていただけたら嬉しいな☆



スポンサーサイト

テーマ : ★☆★東方神起☆★☆
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです 深海魚さん

流氷が厚くて 浮上できないのかなと

JYJペンが 落ち着かないときに

落ち着いてる 深海魚さん 大物です

ジュンちゃん おもらし してないですよね~

深海魚さん 、こんばんは★懐かしいですね。忘れてないですよ~(*^o^*)

No title

なんでしょう?

泣きそうになったりしつつ・・・
可愛いジュンスにほっこりしつつ・・・

ほんわりあったかい気持ちになりました・・・・。



なんか・・・・ェロでもなくエロでもない ←深海魚さんをなんだと思ってるんだ!あたしわ!!!www
こういうストーリーすごく素敵ですね^^

今なんか優しいキモチでいれます^^



P.S おトイレ間に合ったか心配です ←

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

深海魚

Author:深海魚
東方神起にドップリ浸かっています 
みんな 大好き!!  
(特に ジュンスペン☆)
最近の話題についていく事ができているのか・・・?
そんな深海魚の独り言




☆当ブログで使用している
動画・画像は 個人で楽しむものであり
全ての著作権は著作権元に帰属します
動画・画像の出所は全て画像の中☆

World-Word-JS版翻訳
Present's by サンエタ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
深海魚の独り言
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
深海魚メール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。